【格安SIM】SoftBankからイオンモバイルに変更する方法。1年で54,000円の節約になりました。

shirokuma
softbankから格安SIMにMNPしました。
私が契約したのはイオンモバイル(公式)

イオンモバイルは、こんな方におすすめ。

  • 格安SIMにして、節約したい。
  • 手続きを1人でネットで済ませる自信がない。
  • 対面で詳しく話しが聞きたい。

softbankからイオンモバイルに変更するまでの流れ。

  1. まず、*5533に電話して、MNP予約番号を取ります。(SMSで、番号が送られてきます。)
  2. 使っていたiPhoneをパソコンとつないで、iTunesにバックアップをとります。macキーボード叩く人
  3. 新しいiphoneに、元使っていたiPhoneのSIMカードを入れ設定します。(SIMカードを入れないと、立ち上げれませんでした。)
  4. iPhoneとパソコンをつないで、同期させます。
  5. イオンモバイルへ行きます。
  6. 契約プランを決めて、書類にサイン。
  7. 身分証明書を提示。免許証のない方は、保険証+公共料金の領収書(住所がわかるもので、3ヶ月以内)、もしくは、パスポートが必要。
  8. 支払いは、クレジット払いのみなので、クレジットカードを用意します。
  9. 1時間程で、乗り換えが完了。
  10. 簡単な設定が必要ですが、店頭で5分でやってもらえます。
shirokuma
クレジットカードはポイントが貯まる楽天カードが絶対おすすめです。



SoftBankからイオンモバイルに乗り換えが完了したかどうかの目安は?

店舗に行けば終わったかどうか教えてくれますが、行かずにだいたいの進歩状況を知ることができます。

キャリアのSoftBank4Gの表示が圏外になってから、30分くらいすれば完了することが多いそうです。

いつまでも圏外にならない場合は、SoftBankの157に電話して繋がらなくなっていれば、乗り換えが進んでいるそうです。
cafeでカプチーノ

shirokuma
お茶したり、イオン内をぶらぶらショッピングしてると1時間なんてあっという間でした。

格安SIMって遅い?
実際のネット速度は?

無事に乗り換えが完了し、キャリアの表示もdocomoに変わりました。

一瞬あった不具合は、docomo4Gとなるべき表示が、3Gだったこと。

しかし、再起動すればすぐに4Gになりました。

ネット速度は、SoftBankを使っていた時と全く変わりなく、ストレスなく使えています。

格安SIMにして、1年で54,000円の節約になりました。

SoftBank時代の携帯代は、約7500円(7G)。

私が今回加入したのは、8Gのデータシェアプランで月2980円。

これだけで、約4500円/月の節約になりました。
1年で54,000円の節約です。

通話はアプリか、かけ放題。

格安SIMは、通話料が20円/30秒とやや高めです。

私は、あまり電話をかけることがないので楽天でんわのアプリを利用することにしました。

楽天会員であれば、楽天サイトにログインして登録するだけ。

電話をかけるときに、アプリから発信するだけで料金が半額になります。

相手への番号通知も、変わりなく通知されます。

ちなみに、通話料の請求もイオンモバイルからではなく、楽天から請求がきますよ。

shirokuma
(追記)イオンモバイルからもアプリがリリースされました。
また、電話を1500円/月以上使用する人にお得なイオンモバイルのかけ放題に後からでも加入することができます。

ただしこの場合は、発信番号が050になったり、消防救急などの3桁番号(110,119etc..)にはかけられないそうです。(通常の番号からかけられるので問題ありませんが。)

イオンモバイルは、対面式で丁寧な説明を受けることができ、わかりにくい初期設定などもやってくれます。

簡単に格安SIMに乗り換えることができ満足でした。

shirokuma
格安SIMにしたいけど、ネットで自分でするのに不安な方は店頭での加入もできるイオンモバイルを検討してみて下さいね。