口内炎のプロが教える、口内炎を早く治す為のたった1つの方法。

shirokuma
こどもの頃から、なぜかよく口内炎になりました。
言わずもがな、口内炎ってめちゃくちゃ痛いですよね。

舌の近くにできた時なんて最強すぎて、涙がでます。
最低限、喋るだけでも痛いのに、そう言う時に限って、絵本読んで〜とか本当拷問です。

口内炎の定番薬もいいけれど。

shirokuma
ケナログ様。
もう、ずっとお世話になってました。
口内炎と言えば、ケナログ。
ケナログと言えば、口内炎。くらい有名ですよね。
塗るとなんか、くっついて口の中がベタベタするのが気持ち悪いけど、まぁ治るやつ。
それもそのはず、ケナログってステロイド入ってるんですよね。
ステロイドは炎症を抑えるための薬なので、確かに早く治ります。

でも、副作用もあり。
私の経験上ですが、なんとなく、ケナログを塗ったところと同じところが再発するんです。
なので、ケナログは何年か前に塗るのを辞めました。

口内炎には、生理食塩水でうがいが1番。

口内炎ができた時は、お口の中を清潔にすることが大切です。なので、とにかくうがいが大切。
だけど、水道水でうがいすると、かなーり浸みて死にそうになるので絶対やめてください。

shirokuma
作り方は、適当でよし。
とりあえず、コップに小さじ半分くらい塩を入れて、水を入れてうがいをしてみましょう。

濃すぎたら、水を足せばいいし、
薄ければ、塩を足して下さい。

うがいをして心地よければオッケーです。
この食塩水で、とにかくうがいをしましょう。
うがいをして、殺菌。
お口の中を清潔にします。

いつでも、うがいできるように、ペットボトルに作っておくのもいいでしょう。
私は、この方法をするようにしてから、薬要らずになりました。というより、口内炎になる頻度が激減しました。

用意するのも、塩のみ。
お金もかからないので、口内炎で苦しんでいる方は、ぜひ試してみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です