【進研ゼミ小学講座】チャレンジ(紙)とチャレンジタッチを比較して変更したよ。

小学生の子どもの家庭学習は
進研ゼミ小学講座チャレンジ!

1年生の1年間は、字を書く練習もしたかったので紙バージョンのチャレンジを取っていました。

ベネッセの進研ゼミ小学講座(チャレンジ)は、通っている小学校が採用している教科書に合わせた問題集が届くところがお気に入りです。

shirokuma
学校の勉強のポイントがわかると授業も楽しく受けられると思うんです。
逆にわからないと学校が楽しくなくなりそうで。
あと、ベネッセはキャラクターを使ったりして子どもの興味を引くのがうまいですね。
さすが老舗。
チャレンジ1年生で勉強する習慣がついたよ

チャレンジ1年生が優秀すぎる!勉強しなさいと言わなくても毎日勉強する習慣ができました。

2019年4月19日
1年間、チャレンジ(紙)を続けてきて良い教材だなと感じていたので2年生になっても継続しようと考えていました。

紙に字を書くことに慣れたこと、学校の宿題や他のワークでも紙に字を書くので気になっていたチャレンジタッチに2年生から変更しました。

紙とチャレンジタッチの比較

紙のチャレンジ
↑写真は公式サイトよりお借りしました。

shirokuma
基本は毎月のチャレンジ(紙)とサイエンスブック、赤ペン。
チャレンジタッチ毎月チャレンジタッチ サイエンスブック
↑写真は公式サイトよりお借りしました。
shirokuma
チャレンジタッチの方は、メインレッスンとメインレッスンの正誤をもとに、子どもの苦手問題に絞った復習問題があります。(良い!)
さらに、習熟レベルに合わせた実力アップレッスンもあります。
あと実は、わくわくサイエンスブックを1年生の間上手く使えてなかったのでデジタル版だと食いついてくれるかなと期待しています。

【チャレンジ2年生の年間ラインナップ】
チャレンジ2年生年間ラインナップ
↑写真は公式サイトよりお借りしました。
毎月のチャレンジ(紙)の他に、学期毎にレベル別の実力アップドリルがあります。

毎月送られてくる物も少し違っていて、おもちゃ風付録(エデュトイ)が多めについてくるのも特徴です。
上手く使いこなせる人はこちらも良いと思います。

…私はエデュトイの管理に少し困りだしたので、チャレンジタッチ版に決めました。

【チャレンジタッチ2年生の年間ラインナップ】
チャレンジタッチ2年生年間ラインナップ
英語、プログラミングも同じチャレンジタッチ端末で操作できるので自然にアクセスしてくれそうかなと期待してます。

わくわくサイエンスブックも目にしてくれることを期待。

shirokuma
その他にも、電子図書館学びライブラリーといって随時1000冊の本と20本の動画が見れるのですが、自分の端末で操作できるので喜びそうですね。
息子
チャレンジイングリッシュもiPadじゃなくて、このチャレンジタッチからできるよ〜。



チャレンジタッチにしたデメリット

チャレンジ(紙)の場合は、我が家はダイニングテーブルで勉強するのですが、何をやっているのか私の目にすぐ入りやすいのがよかったです。

もしくは、パラパラっと見るだけで今何を学んでいるのか、何に躓いているのかが一目瞭然でわかりました
カプラの上でチャレンジタッチ

shirokuma
チャレンジタッチになってからなぜか机以外でやることも…(この時はカプラという積み木の箱の上で)
まぁいいんだけど…。
…。
チャレンジタッチの場合は、親のスマホから学習状況を知ることはできるのですが、一体どんな問題を解いていて、何を間違えたのかまではわかりません
(ですよね?)
復習したかどうかはわかるのですが。
shirokuma
その部分をAIが担ってくれてるのですが、ちょっと私も知りたい…
でも真面目な性格の長男なので、AIによって自分のためにアレンジされた問題をコツコツ続けると弱点克服、実力アップに役立つだろうなと感じます。

あと、子どもが何をどうすればいいのか最初にきちんと使い方を説明する必要があると思います。(親も理解する必要有り)

せっかくメインレッスン以外にも、実力アップレッスンや英語コンテンツ・プログラミング等の良いコンテンツが沢山入っているのに、それもやるんだよ〜ということを教えておかないとやらない可能性があるなっと思いました。

shirokuma
ミニゲームみたいな機能に夢中になるのもちょっと困りもの…。

2年生×チャレンジタッチは
ミッションばっちりウォッチで動機付け

ミッション!
進研ゼミといえば動機付け!

1年生はコラショの目覚まし時計が、コラショタイム(勉強タイム)として教えてくれていました。

2年生からは、
ミッションばっちりウォッチ
↑公式サイトからお借りしました。
ミッションばっちりウォッチ!が勉強タイムのお誘いをしてくれます。

shirokuma
勉強しなさーいと言う必要がないのは助かります。
チャレンジタッチかけ算
太鼓の達人風”かけ算の九九“が楽しかったみたいで喜んでました。
楽しみながらやってくれるとありがたい。
shirokuma
赤ペン先生への提出もスマホから写真で送って、タブレットに帰ってくるのが面白いです。
息子
ママとメールのやりとりできるのも楽しいね。
という感じで、4月からチャレンジタッチ版に変更したのですが、楽しく取り組めるし、なんと言ってもテクノロジーってすごいなあと感じでいます。

学校もいつから通常通りになるか不明なので、タブレット端末で勉強できるものがあって大助かりです。

shirokuma
くもんの小学ドリル2年生も終わりそうだし、学校ない方がなぜか学習が進んでいる気も。
(学校は勉強以外に学ぶ事が多い場所ですが)

\学校の勉強に躓かない為にも最適/

【進研ゼミ小学講座】


【小1】おうち学習に使った市販ドリルまとめ。

2020年2月10日