チャレンジ1年生が優秀すぎる!勉強しなさいと言わなくても毎日勉強する習慣ができた理由。

チャレンジ1年生で勉強する習慣がついたよ
shirokuma
小学生になったので、チャレンジ1年生はじめたよー。

チャレンジ1年生 ここがすごかった

コラショが起こしてくれる。

チャレンジ1年生目覚ましコラショ
ベネッセのキャラクターといえば”しまじろう”ですが、小学生コースからはコラショという赤いキャラクターに変わります。

コラショが毎朝設定した時間に起こしてくれますよ〜。

shirokuma
〇〇くん、おはよ!
Wake up!おはよーおはよー
今日もちゃんと起きられたね。って話してくれるんです。
この目覚まし時計がすごいのは寝る時間を設定しておくと、1時間前から“寝る準備はできた?”“明日のはできた?”など話しかけてくれること。

親が言う前にコラショが言ってくれるのでアリガタイ♡

明日の準備、寝る時間の習慣付けもできるようになりました。

勉強しなさい!ではなく、コラショタイムだよ!

チャレンジ1年生チャレンジスタートナビ
このチャレンジスタートナビが毎日勉強する時間(自分で設定するよ)になると、キンコンカンコーン・キンコンカンコーン。コラショタイムだよー!とお知らせしてくれます。

shirokuma
勉強した?って言わなくても、コラショが誘ってくれるからチャイムが鳴ると机に向かってます。

やる気にさせる仕掛けがすごい。

チャレンジ1年生スタートナビ、たまごを育てる
チャレンジスタートナビの『きょうのチャレンジ』でチャレンジをやると、その月のたまごがどんどん育つんです

やればやるほど、たまごからドラゴン(4月号)に成長していくのでゲーム感覚で楽しそう。
チャレンジ1年生スタートナビ、ドラゴンに育つ

shirokuma
ママー!
こんなのになったよって成長するたびに嬉しそうに教えてくれます。
チャレンジ1年生スタートナビ、たまご12個
4月号をやりきってドラゴンになりました!
毎月、たまごが増えるので飽きずに続けられそう。



チャレンジなら1人でできる。

問題をチャレンジスタートナビでコラショが読んでくれる
チャレンジのいいところは、親がごはんの用意や下の子のお世話をしていても子どもが1人でできるよう工夫されているところです。

各ページに♩マークのついたバーコードがあって、チャレンジスタートナビでスキャンするとコラショが問題を読んでくれたり、導いてくれます。

shirokuma
子どもが何をすれば良いかわからなくても解決できるようになっているので、1人で集中してやることができます。
私も途中で問題読んでー!と呼ばれなくて嬉しい。

赤ペン先生も応援してくれる。

チャレンジといえば赤ペン先生ですよね。
毎月テストを出すと花マルいっぱいで返してくれます。

ただテストの採点をするだけでなく、手紙のやり取りみたいになっていて温かいところ、親の希望も書く欄があるので私の意見を赤ペン先生が代わりに上手く伝えてくれます。
(親に指摘されるより素直に聞けるはず☆)
チャレンジ1年生赤ペン先生

shirokuma
例えばこの問題。
答えはあってるのですが、「おにぎりに〇をつけて考えよう」と言われてるのに〇を付けずに解答していたので、赤ペン先生に問題をよく読むように伝えて欲しいと希望を書きました。
この返事を見て赤ペン先生が、『しるしをつけてかぞえるとまちがえないね。』って言ってるよ。
今度は〇をつけてやってみよっか、と話すことができました。

小1の勉強の習慣化にチャレンジは優秀だった。

・コラショがコラショタイムという名で勉強に誘ってくれる。
・明日の準備の確認をしてくれる。
・1人でもできる!
・赤ペン先生も応援してくれる

shirokuma
机に向かう習慣は早ければ早いほどいいと思います。

学校が始まると友達と遊ぶ約束をしてきたり、ゲームにスマホ、いくらでも誘惑されるものはありますからね。

小1の勉強の習慣化にはチャレンジはピッタリです。