小学校入学までにやってよかった学習を振り返ってみました。

小学校入学前の学習、読み書き計算


小学校入学前の1年、子どもの学習について悩んでいたことを思い出しました。

わが家は、お勉強は一切しない方針の保育園で5年間過ごしてきました。

勉強はやろうと思ったら(やる気になれば)いつでもすぐできるようになると思っていたので、何より思いっきり遊ぶこと、子どもらしい子ども時代を過ごさせてあげたいというのがわが家の方針でした。

子どもにとっての勉強≠大人が考える勉強

ある日、保育園で友達にもらった手紙を見て、息子が何て書いてるの?自分も字が書けるようになりたい!と言ったんです。

今まで字を教えたことはなかったんですが、今だ!!と思いその日から少しずつ文字を教えました。

shirokuma
うちの子どもにとっては、それは大人が思う【勉強】ではなかったと思います。
知りたい!わかるようになりたい!っていう純粋な興味、わかる喜び◡̈⃝

子どもを観察してると色んなことを知りたい!学びたい!に溢れてませんか?

私の役割はそれを壊さないこと。

子どもをよ〜く観察して好きなこと、興味があることを伸ばしてあげられるようにそっとサポートすること。

そして、それはさりげなく!!



実際にやったこと

わが家は年中・年長と文字に興味を持ってから、こどもちゃれんじを受講しました。

その理由は、間違った情報(書き順とか自信がない…)を教えないために何か教材を取ろうと思ったのと、ワーママなので公文や学習塾への送り迎えができないので家庭でできるものを選択しました。

shirokuma
通信教材はいろんな会社から出ているので好きなものでいいと思います。
保護者向けのアドバイスが書かれた冊子がついていることが多いのでそれも参考になってよかったです。
こどもちゃれんじにはエデュトイというオモチャが一緒に送られてきます。

『年中』では、ひらがななぞりん・いきもの観察ナビ・とけいマスター。
『年長』では、かきじゅんしらべるマスターというエデュトイが飽きずに続けるのに活躍しました。

紙のワークは少ないので、学研や公文のワークも購入してやりました。

shirokuma
ディズニー以外は長男がやったワークです。
次男にはこどもちゃれんじをとらないと思うので(エデュトイ再利用…)その分少しお高めの…ディズニーのワークを買ってみようかなと思います☆

小1の1学期を終えて思うこと

shirokuma
ひらがな、カタカナ、たしざんひきざんはやっておいて本当によかった!
もちろん、学校でも丁寧に教えてくれますが、思ってたより進むスピードが早い。

あと、環境がガラリと変わって慣れるのに必死&疲れてくる。
勉強で躓くとけっこうしんどいのではないかと思いました。

ですので、小学校入学前に文字や数に興味がでてきたなっと思われたら、さりげな〜く始めてみることをお勧めします^ ^

英語はWorldWideKidsのDVDをテレビ代わりに見てました。
********
小学校入学後もわが家はベネッセのチャレンジ一年生を続けて受講しています。

通っている学校が採用している教科書に合わせたワークが届くので、予習復習になっていいかな〜と今のところ続けてます。

チャレンジ1年生が優秀すぎる!勉強しなさいと言わなくても毎日勉強する習慣ができた理由。

2019.04.19